室伏広治 Facebook
室伏広治

RSS

2010年1月26日 (火)

センサ・モジュールを用いた運動計測

Sam01

ハンマーの運動は回転運動が中心です。効率よくハンマーを加速するため、練習では様々な投法を試行錯誤しますが、力んでいる割にはハンマーが加速していないことなどがあります。そのような事を避けるために、その回転の加速度を超小型加速度センサで計測し無線でデータをモニタリングします。モニタリングの方法の一つとして、聴覚フィードバックを用います。つまり、センサの信号を音に変換してハンマーの運動を音として感じます。この道具を使うことによって、運動をしながら加速度を感じることができます。これはハンマーの運動を探知するバーチャルな感覚器官として作用することを期待しています。このセンサ・モジュールはハンマーのワイヤに装着し、ハンマーとともに投げ飛ばしてしまいます。このセンサモジュールは中京大学と国立スポーツ科学センター(JISS)で共同で開発しています。

Sam02


2010年1月26日 (火)

ハンマー運動の分析

Sem

>>動画はコチラからご覧いただけます。


ハンマーだけでなく投擲中の身体の制御の仕方も研究しています。
高速度カメラ、床反力計測、モーションキャプチャと先ほどのセンサモジュールを利用して
詳細に運動を調べています。

2010年1月 3日 (日)

2010年 スケジュール予定(競技)

■9月24日(金)〜26日(日)
第58回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
※男子ハンマー投げ9月25日(土)13:00〜
http://home.m07.itscom.net/jita/athletic_meeting/index.html

9月1日(水)
IAAFワールドチャレンジミーティングス
IAAFワールドチャレンジザグレブ
(クロアチア・ザグレブ)
IAAF Hammer Throw Challenge Web site

8月28日(土)〜29日(日)
  IAAF ワールドチャレンジミーティングス・リエティ2010
(イタリア・リエティ)
IAAF Hammer Throw Challenge Web site

6月4日(金)〜6日(土)第94回
日本陸上競技選手権大会 香川県立丸亀競技場
※男子ハンマー投げ決勝 5日(土)16:00〜 NHKにて放送

5月8日(土)
国際グランプリ陸上 大阪大会 長居陸上競技場

2010年1月 1日 (金)

2010年 スケジュール予定

■12月4日(土)
日本陸上競技学会第9回大会
基調講演「ロンドンオリンピックに向けて」
講師 室伏広治氏

■11月14日(日)
聖火台を磨く
国際スポーツ都市東京の実現を目指す「国際スポーツ東京委員会」の理事を務める室伏広治は、国立霞ヶ丘競技場の聖火台を磨くイベントを社団法人東京陸上競技協会が主催する「第5回東京アスレチックカーニバル」の中で実施します。
今回は、一般の子供たち(事前選出の12名)も聖火台磨きに参加します。室伏広治と聖火台を製作した鋳物職人・鈴木萬之助氏と鈴木文吾氏(いずれも故人) 親子の跡を継ぎ、現在は鈴木鋳工所(埼玉県川口市)で代表を務める鈴木常夫氏(文吾氏の長男)や関係者の方々とともに、64年東京オリンピックのレガ シー(遺産)である聖火台を磨き、この聖火台誕生の物語に感銘を受けた室伏広治の熱い思いを伝えてまいります。

開催日時 平成22年11月14日(日) 13:00〜14:00
場    所 国立霞ヶ丘競技場 聖火台 (新宿区霞ヶ丘町10-3)
出席予定者 室伏広治氏、鈴木常夫氏、鈴木昭重氏(文吾さんの実弟


■11月13日(土)

パネルディスカッション
朝日新聞と中日新聞が主催するスポーツ振興プロジェクトの一環として開催される市民公開講座「未来を育てよう、スポーツの力で」のパネルディスカッションに現役トップアスリートを代表してパネリストの一人として参加します。

開催日時 平成22年11月13日(土) 15:00−17:00
開催会場 名古屋ルーセントタワー
構成 第1部 基調講演「日本をスポーツの国にするために」 岡田武史(前サッカー日本代表監督)
第2部 パネルディスカッション「スポーツの持つ力の再発見」
パネリスト 室伏広治 他3名


■1月25日(月)

神戸大学大学院工学研究科 運動と健康に関する研究会2010
講演会「ハンマー投げ.究極の投法を求めて」
講師 室伏広治氏